~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

サウナパワーを語る。疲労回復&ストレス発散、サウナはサラリーマンの楽園だ。

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

出張先で長期滞在することになったサラリーマンにとって、疲労回復は最優先事項である。ホテルでの連泊が続くとどうしても見えないストレスや疲労が溜まってしまうもの。そんな時におススメしたいのがサウナ付ホテルへの宿泊だ。

 

サウナの健康効果は当ブログで触れるまでもなく以前から注目されている。本来であれば普段から積極的に活用したいぐらいに優れたものだ。

 

本記事ではサラリーマンの皆さんがサウナ効果によって明日から100%のパフォーマンスが発揮できるよう私の編み出したサウナ入浴法をご紹介できればと思う。

 

※この記事の内容は個人の感想に基づくものなので、サウナの正しい効果が知りたい場合は適宜ググってみてほしい。

初めてのサウナ入門

思い込みの力というのは恐ろしいもので、人は自己暗示によって想像以上の力を発揮したりする。要は人は脳に支配されているので、そうだと思えばそれが事実になることもあるのだ。サウナではこれを利用する。

 

私のサウナ利用方法は上のツイートの通りだ。

 

とくにかく具体的にイメージすること。体に溜まった疲労物質とストレス物質を汗によって対外に出してしまうのだ。

 

とにかく効果的に汗をかくために、サウナ前はしっかり水分を取ること。これは絶対に守ってほしい。サラリーマンの出張といえば、一日の汗を流して風呂上りにビールを一杯といきたいところ。水分を抜いて最初の一口を楽しみたいのもわかるが、その一杯の前にぶっ倒れるのが関の山なのでくれぐれも注意すること。

 

サウナ6分、水風呂1分、これを3ターン繰り返すというのもやってみればわかるがちょうどいい。

 

サウナに30分とか平気で入っているオヤジをよく見かけるが、そんなしんどい思いをわざわざする必要はない。あれは己との闘いと称してあえてやっているだけなので蒸ししていい。疲労回復とストレス発散、これに集中するということを考えれば「ひと汗かいて、フーっと息を吐いてしまうくらい」がベスト、これが6分です。

 

そして水風呂。決して一気につからないこと。サウナで一気に体温を上げた状態だ、それを冷水で急激に冷やすというのは自殺行為も甚だしい。まずは足からゆっくり浸かり、時間をかけて徐々に体全体を冷水の中へ。入ったら1分間だけ辛抱する。

 

サウナの時と同様、冷水入浴もやりすぎないこと。修行僧じゃないんだから。1分で十分。

 

これを3回繰り返す。繰り返しているとわかるが、3回目の冷水に入るころには体が芯から温まってポカポカしてくるのを感じるはずだ。この時には血の巡りも上がり、疲労物質もストレスも汗と一緒に出きっている。いや、出きったものとイメージする。

 

風呂から上がる。上がったらビール…ではなく、かいたぶんだけ水を飲む。体調維持のためだ、ここは我慢して水によって水分補給に努めてもらいたい。ビールなんて水分としてカウントされないし、利尿作用があるお茶もダメ。

 

ここまでやれば完璧。ベットに横になればものの数分で眠りにつくことだろう。

サウナ習慣は全ての現代人におススメしたい

サウナというとおじさんたちが腰にタオル巻いて入っているイメージがあると思うが、サウナでしっかり汗をかいて体の水分を循環させるというのは女性はもちろん、普段運動不足の方にこそオススメしたい。

 

現代人は総じて運動不足、汗をかかないということは体内の老廃物が排出されづらい状態に陥っている可能性が高い。あまり運動をしない汗腺閉じぎみの方もサウナならお手軽に汗をかけるのでオススメだ。

「サウナタイム」で出張先でサウナを探せ

インターネットを調べていたら便利なサイトを見つけたので参考までにリンクを貼っておく。

 

サウナタイム

サウナはサラリーマンの出張のお供

疲れやストレスを溜めず、出張先で100%のパフォーマンスを発揮することこそ、サラリーマンに課された指名だ。サウナというツールを利用して明日の元気を手に入れよう。

 

関連記事です。

 

サラリーマンはもっと自分を労わっていいんです。

頑張りすぎなサラリーマンたち
もっと力抜いてこ。

 

サウナ付きのカプセルホテルはコストパフォーマンスも最強です。

泊まりがけの出張にはカプセルホテルがオススメ!メリット、デメリットまとめました!
皆が知らないカプセルホテルの世界。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント