~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

サラリーマンを今より100倍楽しむ方法

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人です。

 

どんな苦境に立たされても常にポジティブで笑顔を絶やさない人が稀にいます。私の周囲にもそんな友人が1人います。

 

底抜けに明るいというのはそれだけで大きな武器です。彼は人の悪口も一切言いません。そんな陽の雰囲気を纏った彼の周りは常に賑やかで、ネガティブ思考な私も彼と一緒にいると明るい気持ちでいられます。彼がいるだけで物事が上手く運ぶような気すら感じるのです。

 

彼のパワーはどこからくるのでしょうか。

サラリーマンでいる時間はあまりにも長い。これを楽しめれば人生はもっと楽しくなる。

大抵の人にとってサラリーマンという仮面を被った時間が人生で最も長いと言えます。例えば大卒22歳で入社、60歳の定年退職まで職を全うした場合、

 

8時間×120日×38年間=36,480時間

 

およそ36,000時間超の時間をサラリーマンとして過ごすことになります。おそらく人生においてこれだけの時間費やすものは他になく、もはやサラリーマンであることが人生そのものと言い換えることもできるのではないでしょうか。

 

この事実をある側面から見れば、サラリーマンなんてものにならなくて済めば、人生には無限の可能性があるのだと捉えることができます。しかし別の側面から見れば、サラリーマンとしての時間を楽しめれば、人生そのものがもっと充実したものになるとも言えます。

 

しかし一般的に後者のような、云わば悟りの域に辿り着く人というのは天職に巡り合えた人で、自分はいつまでも嫌々働くしかないのだ、と思ってしまいがちです。こんなことを言っている私自身も「なぜ働くのか」なんてことを自問自答する日々が続いておりまして、まだサラリーマン自体を楽しめているとは言い難い状況です。それでもサラリーマンとしてある一定の年齢まで勤め続けることがある意味必須であるならば、もっと前向きな気持ちで働きたいですし、毎日楽しい日々を送りたいものです。これは皆さんの本音でもあるのではないでしょうか。

 

私たちが少しでも前向きな気持ちでサラリーマンでいるために、どんなことができるでしょうか。

心の持ちようで全ては変わる。「七つの習慣」より、第一の習慣・主体的であること

心の持ちようというのは意外に大事なものです。プラス思考、マイナス思考とかポジティブシンキング、ネガティブシンキングという言葉が使われたりします。ある事象に対して、どの様な心持ちで臨むのかということです。トラブルやチャレンジングな事象に対して、「自分には無理だ」「こんな仕事したくない」など負の感情しか持てないような状況では、それに取り組む時間は苦しいものにしかならないでしょう。これでは耐えて我慢するか、距離をおくことしか解決方法がなくなってしまいます。

 

一方でポジティブな心持ちで事に当たることができれば、同じ時間でも感じ方は全く異なるはずです。まるで私の友人のように。

 

もの事の捉え方について、スティーブン・R・コヴィは著書「七つの習慣」の中でこう言っています。

 

自分の身に起こることに対して自分がどういう態度を示し行動するかは、自らで決めることができる。

 

これは第一の習慣「主体的である」の中でまず最初に述べられている内容です。

 

いろいろ解釈あると思いますが、言葉通り「主体的」に捉えさせて頂くと、要は”物事の感じ方を決めるのは他の誰でもない自分自身なのだから、それを自身のコントロール下においてしまいなさい。”ということです。きっと私の友人はどんなことが起きても、そのポジティブな側面を見つけ出すことが得意なのです。得意という言葉は適切ではないかもしれません、主体的にそう捉えるようにしているのでしょう。そんな風に自分の感情をコントロールすることができれば確かにいろんなことが好転しそうに思えます。

 

サラリーマンに待ち受ける数多くの困難は自分を成長させてくれるためのエネルギーなのだ。ひとつひとつ乗り越えていけばサラリーマンとしてもっと高みにゆける。すべての経験を楽しもう。

 

例えば人生をひとつのロールプレイングゲームのように捉えてしまうのもいいかもしれません。「逃げる」ボタンは用意されていますが、逃げてばかりいては成長はあり得ないのです。

 

こんな風にマインドセットできれば、サラリーマンとしても、人間としても格好良く、たくましい存在になれるかもしれません。そして、その道程は今までよりもきっと100倍楽しいでしょう。

 

仕事をしていて楽しいとか、充実しているという感覚は給与から得られるものではないのかもしれない、最近そんな風に思うのです。

 

本日は以上です。

 

ランキングに参加しています。

宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村

コメント