~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~

サラリーマン×副業×投資が最強である

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

皆さんはお勤めの会社の存続について不安を感じたことはありませんか。

 

私はあります。それも強烈に。

 

拡大するグローバリズムの中で、自分の会社だけが取り残されているような違和感をずっと感じています。大企業特有のスピード感のなさ、決定力のなさ、コスト意識の低さは世界の巨大企業と戦っていけるだけのものとは思えないレベルです。

 

なまじ会社としての体力がある分だけたちが悪く、問題点はなかなか顕在化しないのです。ただ、刻一刻と“その日”は近づいているような気がしています。

 

私は10年もしないうちに人減らしが始まるのではないかとふんでいます。何を隠そう我が社の課題は人件費です。無能、有能含めて鉄壁の労働組合に守られており、今は決してクビにはできません。しかしながら会社の存続を突き付けられる日が来たとしたら、労働組合も我々を守れないでしょう。

資産はサラリーマンを精神的に支える武器になる。

来るべき日、しっかりと自分を守る資産があるかどうかで身の振りようは変わってきそうだと考えています。

 

お金がないために受けたくもない配置転換にしがみつくのか、突然クビを切られ狼狽してしまうのか。全ては自分と家族を守れるだけの資産が築けているかにかかっています。

 

現在のペースが維持できれば年間200万円、10年で2000万円、現資産の1000万円と合わせて計3000万円の元本です。これにプラス運用で、資産という名の盾を作り上げることができるでしょう。

サラリーマンは副業と投資で会社から自立せよ。

会社が潰れる前に会社を辞めて独立するとか、そういう話ではありません。会社からの給与にしがみつかなければならない状況が続く限り、サラリーマンが会社に依存した状態は続くのです。

 

会社の存続が危ういのなら尚更です。副業と投資によって収入源を分散し、会社への依存状態を脱するのです。

 

資産という盾を作り上げるのに、10年という時間を見たように、副業も長いスパンで考えればいいと思います。

 

例えば10年間で副業を月10万円レベルまで育てたとします。現在の給与が約45万円として、月10万円の副業があればクビになっても35万円で雇って貰えるところを探せば良いのです。これで現在の生活レベルを維持できます。

 

投資も含めて考えましょう。10年後の元本3000万円を年率6%で運用した場合、運用益は約180万円/年。これは月換算で15万円です。前述した副業の10万円と合わせて既に25万円ですから、残り20万円を稼ぐだけで今の生活レベルが維持できてしまうのです。

 

複数の収入をもつことの威力がわかるでしょう。副業、投資でサラリーマンの給与とは別の収入を持つことによって、いつでも今の会社を離れられる状態、即ち会社から自立した状態になれるのです。

サラリーマン×副業×投資が最強である。

着実な入金投資を継続するためのサラリーマン業。そして、サラリーマンが会社から自立するための副業と投資。この3本柱を形成することが最強の生き方なのだと思います。むしろこれからのサラリーマンのスタンダードと言ってもいいのかもしれません。

 

副業も投資もそう簡単に成果が見えるものではありません。見据えるのは10年後です。それら3本の柱がどれも欠けることなく、着実に成長していくよう、それぞれにしっかりと水をやり続けたいと思います。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. 公務員投資家R より:

    これは私も強く同感します。
    間違いなく最強ですね。

    • サラリーマン投資倶楽部 管理人 サラリーマン投資倶楽部 管理人 より:

      >Rさん
      コメントありがとうございます。いきなり求める結果が得られなくても、時間をかけて少しずつそれぞれの幹を太くしていければいいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました