~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

マイホーム購入について

サラリーマンの雑記

こんにちは、のりです。

あなたの周りにいる人は、

「家は早く買ったほうがいいよ。」と言うでしょうか。

「家なんて買わないほうがいいよ。」と言うでしょうか。

今のところ社宅住まいの私ですが、いつかはマイホームが欲しいなと憧れています。

そのために会社制度の住宅財形貯蓄も入社以来継続していますし。

ところで私の周囲はどうかと言えば、既にマイホーム購入済みの上司、同僚らは「買ったほうがいい。」と言い、両親、義両親は「買わなくていい、社宅にいればいいよ。」と言います。

買え派、買うな派、信頼できる意見はどちらか

両者のうち、私たち家族のことを心配してくれているのは絶対に両親、義両親です。

我が親に言わせれば住宅ローンを何年も返し続けるのは本当に苦痛だったそう。決して裕福とは言えない家庭だったと思うので、行きたかった旅行などたくさん我慢してきたのでしょう。

義両親が言うのは、あれだけ立派な社宅があって家賃も安いのにわざわざ家を建てる必要なんてないよ、とのこと。

確かに今住む社宅は築20年ほどではありますが、間取りは3LDK、広さも十分あり、家賃も3万円。

正直言って出て行く理由がない。

では上司、同僚ら買え派の意見はどうか。

「結婚して、子供もできて、後は家買うだけだね。」とのこと。

驚くほど、なんの説得力もない意見に、文字にすると笑えてきます。

いったい親たちとの差は何なのでしょう。

多分、いや間違いなく、上司、同僚らは私を自分たちと同じ住宅ローン地獄に巻き込みたいに違いない。

「俺だけ住宅ローンで苦しい思いをするなんておかしい。のりも巻き込んで、同じ苦しみを30年間味わうがいい。ハハハ!!」

きっと奴等はこんな腹黒い気持ちで、家の購入を薦めているのだ。

でも心のどこかでマイホームを求めている自分がいる

最後は私たち家族の気持ちひとつですから、買う派の意見も、買うな派の意見も、ふーんぐらいにしか思っていません。

ただやっぱりいつかはマイホームを手に入れたい。

投資の観点でいけばこんなド田舎で土地なんて買って(我が家はマンションでなく、一戸建て希望)、将来の価値が二束三文になるのは目に見えているので、絶対買わないほうがいい。

それはわかってる。

住宅ローンなんて組んだら、余計にサラリーマンでいる必要性が高まるのでアーリーリタイアどころではなくなる。

それもわかってる。

ただやっぱりマイホームへの憧れは捨てきれません。

検討の末、一度新築一戸建てを諦めた経験あり

一昨年頃でしょうか、本気で新築一戸建ての検討を進めたことがあります。

土地を見つけ、不動産業者に仮押さえを依頼し、大手ハウスメーカーで具体的な建築プランまで作ってもらいました。

約1ヶ月半迷いに迷って、結局購入は断念しました。

理由はひとつ、住宅ローンにビビってしまったのです。

当時、ハウスメーカーからは約4500万円の住宅ローンを組むようなプランを提示されました。銀行の仮審査も通しました。

月の支払いが10万円超、ボーナスで20万円超×2回ほどだったと思います。

当時は住宅購入に本気だったので家計簿とにらめっこし、払えなくはないなという感覚は持っていました。

ただ何かがしっくりこなかった。

30年以上ローンを返していく覚悟が持てなかったのかもしれません。

生活が立ち行かなくなることも想像しましたし、行きたい旅行ひとつも行けなくなるのではないかとも思いました。

マイホーム購入を一度諦めてみて思うこと

今にして思うのはあの時勢いで買わないで本当に良かったということ。

おかげで夫婦で家についてたくさん話しました。マイホームに何を求めているかもお互いの意見をぶつけました。

今では新築にこだわらず、中古住宅をリフォームすることも選択肢に入っています。

結局、家は住むための道具でしかなく、それが新築マイホームでなければならない理由はない、これが私たち夫婦の結論でした。

中古住宅、または新築にしてもハウスメーカーのランクを落として住宅ローンを圧縮できれば、その分豊かな生活ができるのでは?

今はそういう考えの下、家について考えています。

マイホーム購入で迷われている方、一度本気の検討をして、それからしばらく時間を空けてみるのは結構オススメですよ。

本日は以上です。

コメント