~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

モチベーション

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

前回の記事からブログ投稿の期間が少し空いてしまいました。

このブログを立ち上げておよそ2ヶ月、書きたいという思いのままに記事を投稿し続けていましたが、ここ数日は書かなきゃなぁ、という強迫観念のようなものすら感じてしまっています。

「したかった」ものが「やらなきゃ」になるのは書くことへのモチベーションが低下している証拠でしょう。

★★★

ブログを書かない間、何をしていたかと言えばTwitter経由で面白い文章を書く人を探し、その人のブログを読んでいました。

文章力があることほど羨ましいことはありません。

文章の持つ訴求力を感じつつ、この人たちと自分とでは何が異なるのか考えを巡らせていました。

いい文章は私たちの心に直接訴えかけてくるようなパワーがあります。

明るい未来を見せてくれるような感覚、ここ最近の私で言えばモチベーションを高めてくれます。

誰かのブログを読んで頑張ろうとか、生活を少し変えてみようと思えるような経験をすると、すぐにそのブログのファンになってしまいますね。

★★★

Twitter界隈ではサラリーマンという生き方に疑問を持ち、自らがしたいことを仕事にしてお金を稼いでいこうよという勢力が結構な数いるようです。

その人たちの言葉は刺激になる一方で、改めてサラリーマンとして生きることの良さも感じさせてくれます。

サラリーマンは善か悪か

過剰な残業とサービス残業は悪ですが、毎月安定して給与をくれるのは誰にとっても善でしょう。

私のように家族を持つサラリーマンにとってこれほどありがたいことはありません。

少々の我慢はすべきで、好きなことをして生きていくというのは言葉以上に難しいものです。

サラリーマンとしての生き方が苦痛なら、サラリーマンをしつつ、楽しい稼ぎ方を模索していくのがいいかもしれないですね。

副業が当たり前になる時代はもうすぐそこにきているのでしょう。

★★★

先週のTwitter上は新入社員へ贈られる言葉で溢れ返っていました。

世界には仕事が溢れているから、自分が受け入れられないような仕事や職場環境だったらすぐに逃げろというツイートをよく見かけました。

精神的に病む程の職場は論外としても、私だったらまずは3年やってみて考えたら?とアドバイスします。

新入社員というのは近視眼的になりがちです。3年やってみれば職場の様子も掴め、自分に合う、合わないの判断がつくでしょう。なにより、環境への適応能力が高まります。

適応能力はどんな世界で生きていくにも必須の能力です。

また3年やれば、20~30年後の姿が想像できてきます。

これをサラリーマンの気持ち悪い部分だと感じるのか、安定感だと感じるかは人それぞれですが。

頑固親父のようなことを言うようですが、まずは3年頑張ってみませんか?

私は入社して7年経ち、投資とブログを始めました。

これもまたいろいろ見えてくる部分があったからです。

★★★

投稿の間隔が空き、心配もありましたが、意外と書けました。

書くことへのモチベーションも感じます。

よくわかりましたが、人間たるものアウトプットだけでは枯渇してしまうということですね。

いろんな情報に触れ、インプットに力を注ぐようにしてみます。

本日は以上です。

コメント