~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

大学院卒サラリーマンの年収推移

資産公開

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(businessman_n)です。

 

他人の年収というのは誰しも気になるもの。Google検索で大抵の企業名を入力すれば第2検索ワードに「年収」と出るのがその証拠です。就職活動中の学生さん、転職活動中のサラリーマンたちにとればその企業へ勤めるとどの程度の収入が得られるのかは重要な情報のひとつであり、実態を知ろうとあの手この手で調べるのですね。

 

本記事では忘備録ついでに私の年収の推移を公開したいと思います。属性などは以下に記載しておきますので、いろいろ想像して頂きながら見てもらえればと思います。

 

(2018年6月末時点)

  • 30歳
  • 大学院卒(浪人、留年なし)
  • 妻1人、子2人(妻は専業主婦)
  • 社宅住まい

 

収入計:3640万円

税金計:700万円

 

恵まれたことに、収入は入社以来右肩上がりです。2年目の年収が大幅にアップして見えますが、1年目にはなかった1、2、3月も給与が支給されていることと残業が一気に増えたことが理由です。

 

本記事では年収の推移にのみクローズアップしたため、残業時間の大小は確認していませんが、収入のかなりの部分を残業及び休日出勤が占めています。特にここ数年は毎月60時間前後の残業が続いており、とても自慢できるような状況ではありません。

 

残業ありきの収入ということですから、仕事が減って暇になれば給与水準はかなり落ちることになるでしょう。今のように貯蓄や投資にまい進するのは難しくなるのではないでしょうか。

 

驚いたのは税金です。700万円って…もうほぼ年収じゃないですか。私は現在入社して7年目ですけど1年間はタダ働きしたことになるのですね。ふるさと納税、企業型確定拠出年金などフル活用して少しでも税金負担を減らさねばと改めて思いました。

 

ちなみに最新の資産公開【2018年6月】によれば、総資産は1170万円です。

 

前述したような収入状況に対して、さらに寮あり、社宅ありの環境の中でしたから、これぐらいは当然なのかもしれません。

 

これからもサラリーマンとしての収入が順調に成長することを願うばかりですが、当面の目標は副業、投資という別の収入の柱を作ること。

 

その内、このグラフに副業、投資による収入の棒が追加できればいいなと思います。額が小さすぎて見えないかもしれませんけどね。

 

関連記事です。

 

サラリーマンの給与だけでなく、副業、投資で収入の3本柱を形成することは、自立したサラリーマンへの第一歩だと思っています。

サラリーマン×副業×投資が最強である
サラリーマンが副業と投資をやる時代がやってきた。

 

本記事でご紹介した収入の水準に対する資産形成プランも参考までに是非ご覧ください。

30歳サラリーマンの資産形成ver. 2.0
30歳サラリーマンのこれからの資産形成方針を報告します。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

コメント