~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

採用担当者は学生に会社の魅力を伝えきれているか。長く働く上で重要なのは職場の雰囲気と人間関係だ。

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n    )です。

 

新入社員が3年以内に会社を辞める割合はおよそ3割にも及ぶそうです。

 

  • ブラック企業だった。
  • 給与が思ったより少なかった。
  • 業務内容が思ったものと違った。

 

よく見かける理由と言えばこんなところでしょうか。以前に比べて存在感が小さくなったとはいえ、終身雇用的な考え方はまだまだ残っています。働く人の流動性は徐々に上がってきていますが、誰も望んで会社を転々とするわけではありません。できることならひとつの会社で長く働きたいというのが正直なところではないでしょうか。

 

企業側の採用担当者としても、新入社員の離職については頭が痛い問題でしょう。優秀というだけで採用しておけば良い時代は最早終わったと言えます。なぜならば、転職という考え方が広がりつつあるからです。社員側から会社を離れていくということが増えています。

 

そんな状況を踏まえると採用担当者としては学生の希望する職種、業務内容と、企業側が希望する人物像とのマッチングを見ていかざるをえません。ただ本当にそれらの内容さえマッチしていれば、学生たちは早々に仕事を辞めるという選択肢を取らずに済むのでしょうか。

新入社員は3年以内に3割が辞めていく。その本当の原因とは何か。

Twitterを利用してこんなアンケートを取りました。

※務める→勤めるです。お詫びして訂正します。

 

実際のサラリーマンが実際に感じることを回答した場合もあば、そうでない属性の方がイメージで回答したという場合もあるでしょう。ひとつの職場で長く勤めるために必要なこと、それは給与、福利厚生などの待遇でも、定時上がりのまったり度でもありませんでした。それは非常に曖昧で学生に対してアピールの難しい職場の雰囲気と人間関係だったのです。就職先は給料で選ぶな。人と職場の雰囲気で選べ。でも持論を述べさせて頂いた通り、仕事内容がしんどかろうと、良好な人間関係さえ築けるような環境であったなら、少しだけ頑張れたりします。新入社員たちが3年以内に3割も辞めていく本当の理由は、思ったような人間関係が築けないことにあるのではないでしょうか。

 

また、採用担当者の最終目標が長く会社の戦力になってくれる人を探し出すことであるなら、このアンケートの結果は一考の余地があるものだと思います。前時代的な企業説明会をいくら開いたところで、もはや会社の求める人材は集まらないのかもしれません。

 

就職活動中の学生さん達にもこのアンケート結果はしっかり見ておいて頂きたいです。そして採用活動でどんなところを見るべきか、もし後ろ向きな気持ちで仕事を辞めることをしたくなければ少し角度を変えた見方をしてもらいたいです。

採用活動のやり方を再考すべき時がやってきたのかもしれない。従来の新卒一括採用はもう辞めて、通年採用を。

採用計画を立てる。それを踏まえて一括採用する。この従来のやり方は間違いなく効率がいいです。新入社員の年齢も皆同じということで、給与や昇進の管理もやり易い。ただ、このように年功序列的な発想から抜け出せないことが原因で3割の新入社員にとっては”違和感”が生まれるのです。

 

しかしながら、働き方に自由度が増し、人材の流動性が上がりつつある中では、もう一括採用は捨て去って、通年採用へ踏み切る時がやってきたのではないでしょうか。インターンシップを常に受け入れられるような体制を作り、数か月の試用期間を設けるのです。企業側は学生側の適正をしっかり見極められるでしょうし、学生側もじっくりと社内の雰囲気を感じることができる上、人間関係を疑似体験できます。ここでマッチングが成立しなくてもそれはそれで良いのです。

 

キャリアアップなどを目指した転職であれば良いのですが、マイナスな感情を抱えての離職というのは誰にとっても良い面がありません。そんな不幸なことが少しでも起こらないように、少しずつでも採用活動のやり方を変えていきませんか。

 

関連記事です。

 

サラリーマンとして働いてきた実体験としてもやはり職場環境、人間関係はとても重要です。人間関係が基盤としてあれば、大抵のことは乗り切れてしまうのです。

就職先は給料で選ぶな。人と職場の雰囲気で選べ。
就職先を決める上で何を重視しますか?

 

残業なんて誰にとっても嫌なものですが、新入社員たちにとっては拒絶すべき対象になりつつあります。

残業したくない新入社員たち
こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。 興味深いニュースを見つけたのでご紹介です。 2018年度新入社員のキャリアに対する意識調査結果を発表 記事によれば、 「今の会社で...

 

嫌な場所で無理する必要はありません。環境を変えてしまえば、意外と上手くいく、ということもあります。

自分に合わないと思ったら、環境を変えてみたらいいのかもしれない
自分を変えるのはなかなか難しい、環境を変えてみることの方が簡単なのかもしれません。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村

コメント