~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

消費のプロフェッショナル

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

あわよくば宝くじで高額当選

あわよくば投資で大儲け

あわよくば空からお金が降ってくる

そんなありもしないことを想像しながら、

でも、もし本当に手に入ったら何に使おうか

と胸踊らせることが得意な私です。

★★★

起きもしないことをいくら待っても仕方がないので、小金持ちぐらいにはなりたいなと、投資を始めたわけです。

ざっと計算して月10万円。

これを積み立てつつ、年率6%程度で運用すれば30年後の資産は1億円を突破、憧れの小金持ち達成です。

残念ながら、まだ月10万円を投資する水準には至っていないので、引き続きサラリーマンとして人的資本を労働に回しつつ給与の上昇を待っている状態です。

ありがたいことに、やる気があろうとなかろうと、年功序列のレールの上では時間の経過が見方でいてくれます。

逆に余りに一生懸命やりすぎると、くたびれて自らそのレールを外れてしまうことがあるので注意が必要ですが。

★★★

さて、ようやく築いた1億円。次は実際にそのお金をどう使うかというプランが必要になってきます。

30年かけて節約&投資を実践し続けたのだから、それはもう立派なプロフェッショナルなのでしょうが、いくら手元にお金があっても、それを上手く使って人生を充実させなければ意味はありません。

我々は節約&投資のプロフェッショナルであると同時に、消費のプロフェッショナルでいなければならないのです。

前述した通り、どう使うかに関しては想像だけは得意な私です。あれがしたい、これがしたいと欲求だけはあります。

★★★

私が人生において一番やりたいことは世界を巡ること。

できれば1国当たり半年~1年くらいは滞在して、その土地の文化、言葉、食事をなんとなく理解できるくらいにはなりたいです。

なんでやりたいことが世界のあちこちを回ることかというとですね、どこに自分の好奇心を擽るものが転がっているかわからないからです。

世界中にたくさんの土地があって、たくさんの人種がいることを思うと、まだまだ自分が知らないことはたくさんあるんだろうなと思えるし、その中にはおもしろいことがたくさんあるはずだ、そう思うのです。

さらにそういったものに触れて自分の考え方、行動が変化したりするのってさらにおもしろい。

例えば、始めて仕事を共にしたアメリカ人からは感性の違いに驚かされました。

お願いされてた件だけどNa、できなかったZe、HA! HA! HA!

努力したけど、無理だったんだからしょうがないだろ、HA! HA! HA!

こんなのアリ?って感じでした。

でもこのしょうがないって考え方はすごく大事で、無理なものを取り繕うことはもっと意味がないし、時間の無駄。それなら、できないことは認めて、さぁどうしようか?とした方がいくらか合理的です。

これって日本人的な考え方ではないなと思うのです。根性、一生懸命、never give upの精神が根付いてますから。

また私は食べることが大好きです。

私がワインを大好きなのは、イタリアで飲んだ銘柄もわからないワインがとても美味しかったことがきっかけです。

イギリスで飲んだスコッチ、メキシコで飲んだテキーラ、気づけば酒ばかりですが、どれも最高でした。

お酒に限らずいろんな美味しいものに出会ってみたいですね。

★★★

自分の興味関心のあるものを見つけて、それにお金を使えたら、それは幸せなことだろうなと思います。

節約&投資とともに、幸せに繋がる消費の練習も続けていきたいですね。

消費のプロフェッショナル目指して頑張ります。

本日は以上です。

コメント