~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

給与(2018年4月)

資産公開

毎月20日は給料日です。

4月の給料は以下の通りです。

 

総支給額

457,310円

 

勤怠状況

平日出勤日:20.5日

休日出勤:3日

時間外労働:39.5時間

休日労働:13時間

有給休暇:0.5日

 

貯蓄・投資

住宅財形貯蓄:7万円

持株会:1万円

積立NISA用に楽天口座へ:4.5万円

 

各種引去後支給額

146,419円

所得税、住民税他、社宅使用料も引かれた後の金額です。

 

今月の労働に対する所感

 

新年度が始まり、昇給通知がこないなとモヤモヤしていたのですが、結局通知を受け取らないまま給料日を迎えました。

 

まさか自分だけ昇給がないので通知が来ないのでは?と半ば疑心暗鬼になっていましたが、4月の給与明細を確認するときちんと給料は上がっていました。

 

8,550円の昇給でした。

 

時給は1,880円から1,934円へ約50円アップしたようです。なんともしょっぱい昇給ですが、級が上がったわけでもないですし、良しとしましょう。

 

ところで、先日会社の50代の方とサシで飲みにいく機会がありました。

 

給料もなかなか上がらないし、子供が新しく生まれるからオムツ代はさらにかかるし大変なんだという話をしていたんですが、その方が「うちの会社で役職がつく前に結婚して子供を作るのは自殺行為に等しいって言われてたんだよ。」と笑いながら仰っておられました。

 

確かに、昔はサービス残業万歳な時代だったというし、苦労されたのでしょう。私たちの場合、残業代はきちんと支給されるので、それなりの給与にはなっています。

 

しかしながら私は財形貯蓄や積立NISA、確定拠出年金、持株会へ強制積み立てを実行しております。

 

それらを差し引いて残ったお金で生活するので、感覚としては貧乏なんですよね。

 

忘れている間に勝手に資産形成が進んでいく。

 

素晴らしいことだと思います。

 

本日は以上です。

コメント