~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

自分に合わないと思ったら、環境を変えてみたらいいのかもしれない

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

嫌なこと、苦しいことがあった時、自分を責めるタイプの人他人や環境のせいにするタイプの人がいます。

 

どちらが良いということはないですが、他人や環境のせいにしておいた方が自分の心身を保ちやすい側面はあると思います。

 

もちろん度が過ぎれば他人に厳しく、自分に甘い奴だとのレッテルを貼られることになるので、それが嫌なら注意が必要です。

 

かく言う私ですが、職場での自分を冷静かつ客観的に評価すると、

 

とっくの昔にそのような壁は乗り越え、他人になんと思われようが構わないとすら思っている節があります。

 

のり
のり

自分が良ければOKぐらいの気持ちでないと、サラリーマンはストレス社会では生きていけませんね

 

とり
とり

開き直りすぎじゃない?

 

のり
のり

上司のプレッシャー、お客さんからのプレッシャー、納期へのプレッシャー、これらに対して常に真っ向から立ち向かっているとすぐに疲れて、息切れちゃう。

長続きしないよ。

 

環境によって人(≒マインド)が変わることもある

 

自分が変わるか

 

環境を変えるか

 

自己啓発本などによって、自分自身の考え方を矯正し、置かれた環境に適応していくというやり方もありますが、

 

自分の考え方と合っていたり、過ごしやすい環境を探すというやり方もあります。

 

例えば我々サラリーマンの世界で言えば転職などがそれに当たります。

 

上司が変わることで意図せず、自分にとって過ごしやすい環境が手に入ることがありますが、こちらは稀なのかもしれません。

 

 

 

サラリーマンの世界では私も含め、環境を変えようとしない人が多すぎるように思います。

 

新卒主義、終身雇用の考え方が根強い日本では、なかなか環境を変える(転職)ことが選択肢として持ちにくいのかもしれません。

 

私も一度本気で転職を考えたことがありましたが、結局転職には至らず、今の会社で働き続けています。

 

ただ、自分にとって合わない環境に対して、我慢という選択肢しかないと、これはジリ貧で、いつか自分自身が壊れてしまいます。

 

環境を変えることも有効なカードのひとつなのだと、わかってさえいればまずは十分なのかもしれません。

 

まとめ

  • 自分を責めるタイプの人と、他人や環境のせいにするタイプの人がいる
  • 自分の心身を健康に保つために、他人や環境のせいにしてしまうことも時には必要
  • 自分を変えるより、環境を変える方が楽だし早い

 

 

本日は以上です。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加しています。

宜しければクリックをお願いします。

コメント