~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

資産公開【2018年7月】

資産公開

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

2018年7月の資産状況です。

無リスク資産が9,384,235円(前月比730,231円のプラス)

リスク資産が3,137,204円(前月比200,826円のプラス)

資産合計は12,521,439円となりました。

 

ボーナス期特有の入金力(関連記事:ボーナス公開【2018年夏期】)と相場が若干改善したことが影響してしていますね。

 

★★★

 

  • つみたてNISA:33,333円
  • つみたてNISA:33,333円(妻)
  • 確定拠出年金:20,000円

 

リスク資産への買い付けは、上記の3つが基本ですが、今月は軟調気味の新興国市場のインデックスファンド、eMAXIS Slim新興国株式インデックスを買い増ししています。

 

平均取得単価から10%下落したため資産形成ルールに沿って買い増しです。余剰キャッシュはまだありますので機会がくればまたルールに沿って買い増ししていきたいと思います。

 

インデックスファンドの積立投資は決まった日付で決まった額買い付けていくだけですので、投資家的には何もすることがありません。スポットで買い増すのもルール作りをしてしまえば私の意志が介在することもなくなるので、アクティブな部分が皆無になります。まあ、これがこの投資法の優れた部分というか、魅力ですね。

 

★★★

先日、妻が「家が欲しい」と言い出した、結果話し合いは平行線を辿ったという記事を公開したらTwitterでたくさんの方からアドバイスをいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます、ありがとうございました。

 

アドバイス頂く中で多かった意見が、

 

  • ライフプランシュミレーションして住宅購入に充てられる具体的な金額を弾いたほうがいい
  • 妻にも働いてもらったほうがいい

 

という意見でした。

 

私も現在のキャッシュフローだけから住宅ローン水準を決めようとしていたので、もう少し広い目で資金計画しなさいというのは目から鱗でした。さっそくファイナンシャルプランニングのツールも使いつつ試行錯誤してみています。

 

完璧にはなりませんが、このような機会に未来を見通してみるというのは、いろいろ考えの助けになることが多いですね。

 

そして、妻が働きに出るという意見。

 

長女出産の前まで、我が家も当然ながら共働き世帯だったわけですが、夫婦どちらもサラリーマンというのはなかなかに大変な生き方ですよね。私も妻も未熟だからでしょうが、どうしても仕事でのイライラや疲れが家庭内で衝突してしまいました。

 

経済的合理性から言えば、妻も働くべきなんでしょうが、私は1馬力の今のスタイルの方が好きなので、しばらくはこれでいいのかなと思っています。

 

我が家の行く末を決めかねない住宅購入…果たしてどうなることやら。

 

またご報告させて頂きますね。

 

関連記事です。

 

ボーナスって素敵です。毎月欲しいですね。

ボーナス公開【2018年夏期】
2018年夏のボーナスが支給されました。

 

ちなみに、私の年収はこんな感じで推移しています。

大学院卒サラリーマンの年収推移
年収推移を公開。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

コメント