~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

軟調気味の新興国市場のインデックスファンド、eMAXIS Slim新興国株式インデックスを買い増しました。

市況

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

私の保有している投信のひとつ、eMAXIS Slim新興国株式インデックスですが、今年初めの世界的な株安以降、すでに半年近く経過しようというのに価格がそのころの水準に戻る気配がありません。

 

結果、現在約11%の含み損を抱えているような状態です。ここ最近で一番高い時に仕込んでいたので、もし今売却するとしたら、高く買って安く売るをわざわざ狙ってやったような状況です。

 

そして今回eMAXIS Slim新興国株式インデックスを2万円ぶん買い増ししましたのでご報告します。

これで本ファンドへの投資元本のトータルは17万円となりました。

 

そもそもこの資産形成期においては、どのような相場環境に直面しようとも売却という選択肢はとらないつもりでおりますので、基準価格が下がったら常に買い増しを狙っていくということになります。

 

この買い付けによりいくらか平均取得額の引き下げが狙えますので将来のパフォーマンスに好影響を与えることを期待しています。そもそもインデックスファンドを利用した資産形成はやたら時間ばかりかかりますので平均取得額の引き下げを狙った買い増しは適宜狙っていかないといいパフォーマンスは出せないでしょう。

 

買付額2万円は買付余力の5%程度です。今後、毎月の給与から買付余力をアップさせるための積み立ても始めますので、さらに暴落が起きた場合も引き続き買い増せるだけの体力は維持できそうです。

 

引き続き買付余力とのバランスを見つつ、チャンスがあったら買い増しを行っていきたいと思います。

 

本日は以上です。

コメント