~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

30代妻子持ちサラリーマンの資産公開【2018年8月】

資産公開

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

2018年8月度の資産状況です。

 

無リスク資産が9,365,198円(前月比19,037円のマイナス)

リスク資産が3,225,255円(前月比88,051円のプラス)

資産合計は12,590,453円となりました。

 

★★★

 

今や遠い昔のことのように感じていますが、住宅購入について一瞬だけ盛り上がり、そしてその火は消えました。

 

今回はいつにも増して一生懸命検討ましたが、おおよそ我が家の住宅購入の方針が見えてきたように思います。

 

短期間でしたが、ネット上のツールも使ってライフプランシュミレーションもガッツリめにやったことで、住宅ローンの目安も見えてきたかなと。

 

その中でまたひとつ感じるようになってきたのが現在の投資水準が果たして適当なのかということです。

 

資産形成ルール10カ条でも定めている通り、購入した投資信託は少なくとも60歳までは売却するつもりがありません。つまり我が家の資産形成の位置づけは60歳以降のリタイア用のものであるということです。そう考えると、60歳超えて一大資産を築いたところでどうなんだろう・・・みたいな発想に辿り着くわけです。

 

お金なんて余ったら子供たちに相続させれば良いのだけれど。

 

それでも投資によって60歳以降まで消費を先送りするという点を踏まえると、あまり無理に投資に回さず、今使う方に回してやった方が幸せなのでは?とも思うわけです。

 

現在、つみたてNISAへ夫婦で66,000円、企業型確定拠出年金へ20,000円、計86,000円が毎月のつみたて額です。

 

しばらくどうしていくか悩んでみます。

 

関連記事です。

 

2018年7月の資産公開記事です。

資産公開【2018年7月】
2018年7月の資産状況です。

 

もしあのまま家を買っていたら、頭金で600万円近くはなくなっていたことになるわけですが…そのために貯めていたとは言え、ガツンと減るのは寂しい。

嫁が「家が欲しい」と言い出した。
夫婦でお金の話はいつしても疲れます。

 

本日は以上です。

 

ランキング参加しています。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント