~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

年収700万円代 30代サラリーマンの投資と貯蓄事情

貯蓄

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

今日は給与に対する投資と貯蓄の配分について自分の考え方をまとめておきたいと思います。

 

貯蓄も投資も天引き&自動化が基本

お金を貯めるなら天引きが基本、これは真理だと思います。

毎月の決まった収入から、食費、光熱費、交通費、交際費などなどマイナスしていって、残ったお金を貯蓄する、こんなことでは目標額を貯めることは難しいでしょう。

「今月は友達との飲み会がいつもよりも多かったから」

「今月は自分へのご褒美にいい服を買ったから」

ついつい適当な言い訳をして、貯蓄ゼロなんてことはよくある話です。

肝に命じなければならないのは、我々の心は思ったよりも誘惑に弱く、制御の利かないものであるということ。

1年後に100万円を貯蓄したいのであれば、それを12ヶ月で割っておよそ8万円、これを毎月の給与から予めさっ引いてしまうのが最適解です。

日々の生活費、娯楽費は貯蓄分を引いてから残ったお金で賄う。生活が厳しいのであれば日々の生活の質を〝多少〟落とせばいい。

携帯キャリアはドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアでなく、格安SIMへ変更する。

食費が多すぎるようなら、外食の回数を減らしてみる。

QOL(Quality of Life)の観点から過剰な節約は不要と考えます。生活が立ち行かないほどの節約を強いられるような貯蓄は、額の設定自体に無理があるということでしょう。

私の場合貯蓄、投資のための天引き、自動化状況は次の通りです。

〈貯蓄〉

住宅財形貯蓄:7万円/月、ボーナス支給時21万円(7万円×12ヶ月+21万円×2回=126万円/年)

→会社制度を利用、給与から天引き

〈投資〉

積立NISA:3.3万円/月×12ヶ月×2人分=79.2万円/年

→給与を証券口座へ自動振込、指定投信を自動積立

iDECO 確定拠出年金:2万円/月×12ヶ月=24万円/年

→会社制度を利用、ボーナスから年間の拠出分を天引き

持株会:1万円/月、ボーナス支給時2万円(1万円×12ヶ月+2万円×2回=16万円/年)

→会社制度を利用、給与から天引き

我が家の貯蓄、投資はこれだけで、逆に言えば後は何もやっていません。余ったお金の用途はある意味自由です。

貯蓄、投資を天引き、自動化することの効果

天引き、自動化のための申請、諸手続きは多少面倒かもしれませんが、一度仕組みを作ってしまえば、後は時間が経てば勝手にお金が貯まっています。

「貯蓄しなきゃ」

「投資しなきゃ」

という精神的な負担がほとんどなくなります。日々の生活の中でお金のことを考えなくていいというのはQOLの最大化に大いに貢献してくれることでしょう。

お金のことを考えるのって疲れますからね。

本日は以上です。

コメント