~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

インデックス投資でお金持ちになれるか

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

インデックス投資は特別な才能が何もいらない投資方法です。

我々がすべきことは、国際分散された株価指数を買い持ちしつづけることだけです。

リーマンショック級の暴落に直面しても、決して狼狽売りをしないこと。

世界経済は過去何度も下落、暴落を経験してきましたが、何れも回復し、その後力強く成長しています。

「もっとお金を儲けたい」という、人間の欲望を背景とした、経済成長がこれからの未来も続くことにベットする。

買い持ちしつづけるという側面においては才能というより、根性が試される投資方法だと思われます。

 

インデックス投資で資産を増やすのは時間がかかる

例えば資産ゼロの状態から1億円にするには、月10万円を積立て30年間6%で運用し続けることが必要です。

30年、気が遠くなるような時間です。

30歳の私がそれだけの資産を築くのは60歳になるころです。

時間がかかりすぎです。

60歳の自分にとっての1億円は十分すぎる資産でしょう。夫婦死ぬまで労働は不要でしょうし、ゆとりある老後を過ごせるだろうとは思います。

ただ1億円得られるタイミングが選べるのなら、今すぐが良いです。わがままだと言われようと今すぐです。

1億円あれば年3%の運用でも300万円が得られ、これだけでもある程度の生活を維持できます。

このベーシックインカムがあれば精神を疲弊させながら働く必要はなくなるでしょう。年300万円のベーシックインカムで足りないと感じるのなら、適当にストレスのない仕事でもしよう、と気楽に構えられます。

この気楽な状態が経済的自由を達成するということなのだと、私は捉えています。

経済的自由を達成するには1億円が必要で、1億円を得るには30年かかる、というのが現状です。

資産1億円達成までのペースを上げることが現実的な解か?

繰り返しますが、本当は1億円今すぐほしいです。

ただこれだと、崖から落ちそうな資産家を助けて感謝の印に1億円もらうか、宝くじを当てるかしかありません。

流行りの仮想通貨や個別株でテンバガーを目指しますか?そうであれば資産が10分の1になる可能性もあることを忘れてはなりません。大きくリターンを得ようとするならば、相応のリスクを負わなければならないということです。

リスクを増やさずに、ゴールへの到達スピードを上げるにはやはり毎月の積立て資金、元本を増やすしかありません。

変わらず6%で運用するなら毎月21万円の積立てで20年で1億円到達です。

これでもやっぱり長い。

インデックス投資だけですぐに大金持ちになるのは無理

インデックス投資だけでお金持ちになるには、大きな投資元本を持っているか(大きな投資元本を持っている人はもともとお金持ち)、投資期間を十分にかけるしかありません。

普通のサラリーマンがすぐにお金持ちになるには、生活を切り詰めるか、副業をして投資元本を増やすしかないのかもしれません。

本日は以上です。

コメント