~サラリーマン投資倶楽部『資産形成ルール全10カ条』~
サラリーマン×投資

あるときは『労働者』
またあるときは『資本家』
これが次世代型サラリーマンの目指す姿

START!

私服の制服化のススメ

サラリーマンの雑記

こんにちは、サラリーマン投資倶楽部 管理人(@businessman_n)です。

 

我々現代人は日々様々なストレスに悩まされています。

ストレスとは何かを選択をするときに生まれるものだと言われています。

 

  • どこに行こうか。
  • 部屋の掃除はどうしようか。
  • 何を食べようか。
  • 何を着ようか。
  • どの仕事から手をつけようか。

 

ひとつひとつは小さな選択ですが、膨大な数の選択を繰り返すとそれがストレスになるのだそうです。

 

私服の制服化は、今日はどの服を着ようかと悩む時間を少しでも減らせればと私が最近始めてみた試みのひとつです。

 

ミニマリストから学んだこと

世間ではここ数年、ミニマリストという新しい人種の方々が注目されています。

 

彼らはほとんどものを持ちません。服も、家具も、家電も捨て、最低限必要なものだけを持ち生活しています。

 

適度にものの少ないすっきりした生活には憧れますが、極端なのは自分には合わないかなという印象です。

 

ただ、ものを減らし、日々の選択の数を減らすことで、頭の中をすっきりさせてストレスを軽減しつつ、自分の好きなことに没頭するというのは幸せな生き方なのかもしれません。

 

 

そんなミニマリズムを実践する彼らの生活スタイルから取り入れてみたのが私服の制服化です。

 

服を全て捨てるなんてことはしていません。まずはこの冬、無印良品の900円のトレーナー(黒)2着とGAPのジーンズでほとんどの休日を過ごしてみました。

 

意外に苦にならないものですね。

 

そもそも着心地がいいのもあるから毎日のように着ても不快さはないし、朝の服選びに迷いが生まれないから準備が早い、早い。

 

我が家は子持ちの家庭なので、子供の服を選んだり、着替えを手伝ったり、そんなのもあるので自分の準備がさっさと終わるのはとてもいいです。

 

靴、マフラー、時計なんかである程度飾っておけばそんなにダサくもないように思います。

 

 

そもそも誰も他人の服なんて見てないし、気にしていない

これ、真理だと思います。

 

あの人毎日同じ服着てる、なんて絶対誰も思わないし、そもそも見てないし、気にしてないです。

 

こう考えてみると、ファッションなんて自己満足の世界なんだなと思えます。逆に自分さえ満足できればいいのなら、私は無印良品のトレーナーで十分満足な冬を過ごせています。

 

今日は以上です。

コメント